2009年12月2日

これは邪道だと無視していたらそれが王道になっていた

よく、新資材新しい方法論が生まれたときにそれは邪道だとか子供のおもちゃだと言い全く関心を持たない人がいます。でも、このような行為は非常に危険な行為だと思います。以下に危険な要素を分解して書いて見ます。

  1. 今ある技術に固着して新技術に乗り遅れる。
  2. 冷静に現状分析出来ていない、自分の技術こそがNo1だと思っている。
  3. 性能の良い物が市場に受け入れられると思っている。
という危険性があります。 技術は進化し、現状維持は後退と同じ意味となります。 また、旧技術が最高であっても市場が同様に思っている訳ではありません。 新しい物=良い物という認識かもしれません。

新技術を自分のビジネスに100%適用するかは別問題として、最新技術も経験しておく必要があると思います。 さもないと、邪道な技術がいつの間にか王道になっているかも知れません。