2010年1月6日

The 21より 仕事の早い人、遅い人(マウス編)

たまたまコンビニで見つけた雑誌(The21)に書いてあった記事です。 よく、仕事が遅い理由を言い訳のように言う人がいます。 例えば
  • このソフトは初めてだから
  • パソコンに詳しくないから
  • コピー機が変わったから
と周りのせいにします。 でも、本当に遅い理由は自分自身にあったりします。失敗をしてしまった後の役に立たない自己分析はするが、質問してすぐに改善する事は全くしません。

ここで、そういう人に対するアドバイスを考えたいと思います。 まずは何でもマウス操作で行う事をやめてもらうようにします。 マウスポインティングデバイス)は直感的に操作出来る一方で筋肉の運動量が多い非常に効率が悪い入力方法です。

マウスは頭を使わない代わりに肉体的な労働が多いデバイスです。

初めてのソフトや年に数回しか使わないソフトではマウスを多用することをおすすめしますが、毎日の業務で使うソフトは極力キーボード操作を使う用にすると良いと思います。 コマンドを覚えないといけないので初めは時間がかかりますが、ブラインドタッチと同様一週間もたてば速度の差が身をもって分かると思います。