2010年1月11日

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略


無料からお金を生み出す? なんだか変な言葉だと思いますがこのフリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略を読むとこの不思議な疑問が解決します。

当たり前ですが、企業(起業家)はお金を儲けるためにビジネスを行っています。当然、そこから精算された物全てから利益が出ないといけないと考えられます。 しかし、その一部を無料にすることによってその他の商品の売り上げが激増するという事実もあります。 例えば

  • 機能が制限された無料版と全ての機能が使える有料版を出す。
  • 楽曲データは無料にし、プレミアムCD、DVDボックスやコンサートを有料にするアーティスト。
  • 本体は原価割れしているが、アクセサリや消耗品で高い利益を取る
などが有ります。 フリー(無料)という戦略はこのように考えて見ると、全く新しい事では無いと思います。  例えばカミソリを作っているジレットはハンドルを安い値段で供給し、各企業で無料で配布出来るような商売を考えました。 そのご、ハンドルに付属してきたカミソリの切れ味が衰えてきたらジレットの替え刃が売れ出し儲かるという仕組みです。

某アニメでの台詞で良く出てきた戦術では負けたが、戦略では勝ったという台詞があります。 まさにこのフリーという考え方は、戦略で負けて(フリーで品物を販売する)、戦略に勝つ(高級版や利益率の高い物が売れる)という考えかも知れません。

フリー