2010年3月14日

電子書籍リーダーは蔵書で決まる?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ポチッと応援をお願いします

日本ではアマゾンのキンドルが入手可能になりましたが、電子書籍のマーケットは盛んではありません。理由としては日本語に対応した書籍が充実していないからだと思います。

音楽の世界ではiPODが大きなシェアを伸ばしていますが、その要因の一つとしてiTunesMusicStoreが充実していることとシームレスな連携だと思います。ハードウェア的に見るとキンドルより魅力的な装置が多くでていますが、ストアの蔵書がキンドルと比べ少なすぎたりします。

キンドルには携帯電話のモジュールが内蔵されており、本体で購入する書籍を選びダウンロードする必要があります。このため、パソコン操作が苦手な人でも簡単に書籍の購入ができるようになっています。

高解像度モニタが実用になった現在、早急に電子書籍が普及してくれると良いと思います。