2010年9月16日

脱・電脳生活―情報化社会に忍びよる「電気の暗い力」 [単行本]


タイトルから勘違いされますが、これはコンピュータが引き起こす問題のことについて書かれた本ではありません。 電磁波や電気自体に対して人体に与える影響について書かれています。 殆どの人は電位差や電磁波について何かを感じることは無いと思います。 しかし、食物アレルギーと同様に、電気アレルギーを持った人は生活に影響が出てしまいます。

このような、電気に関する驚異について書かれた本です。 ちなみに本書は1992年に発行されていますので、オール電化反対キャンペーンとは関係は無いです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします