2010年9月23日

絞り優先でボケ味のある写真が簡単に  canon IXY 30sレビュー


目次はこちらです

一眼レフカメラでは装備されている絞り優先露光(Av)がIXY 30sには搭載されています。 好きな絞り値を設定することができ、絞りを開く(Fの数字を下げる)とピントの前後がぼけます。 また、絞りを絞る(Fの数字を上げる)とピント全体が合います。 設定方法も簡単で、ボケ味のある写真を撮影することが出来ます。

IMG_0108IMG_0107
左側が全体にピントが合っており、右側はボケ味がある

IMG_0106IMG_0105
左側は背景がくっきり、右側は手前の花のみにピントが合い強調される。

このボケ味を出したり全体にピントを合わせる事は、どちらが良いとか悪いとかはありません。 作品に応じて設定を変えて下さい。 一般的に

  • 芸術的な写真はボケ味を出す
  • 証拠写真はどは全体にピントを合わせる
な設定が多いです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ポチッと応援をお願いします