2013年5月23日

[解放軍]撮出 ●橋下発言 ●119番携帯位置照会標準化 ●マリンレジャー活性化 ●乙武さん


http://youtu.be/1mQ1A4jD5Ys

・日本維新の会の平沼さんは橋下さんの発言をなぞる形で支援
・119番通報時の携帯電話の位置照会手順を統一化
・マリンレジャー業界が活性化しています
・乙武さんの問題は、すべてがバリアフリー化されていると思い込んでいるから


下さんの発言に対して、日本維新の会の平沼さんは、問題ないと指摘。 私は、今、橋下氏を支持する形でコメントしたことに対して評価します。

「戦前には売春と買春が合法であった」

と発言していますが、現在のマスコミや世論は、勝手に文脈や主語述語の関係を変えて理解しようとしています。 今回の場合だと 買春は合法だ 言い換えて報道したり、理解することが考えられます。

橋下氏の騒ぎは、橋下氏に問題があるわけではなく、マスコミや世論に問題があるということを気がつくべきです。


119番へ携帯電話から通報した場合、電話番号は伝わるが、位置情報は伝わりませんでした。このため、迅速な対応が出来なかったことが多いです。 また、消防が携帯電話事業者(ドコモ、AU、ソフトバンクなどの会社)に連絡しても、担当者によっては照会に応じなかったケースもあります。

今回、手順が統一化され、迅速に位置情報を入手できる体制が整いました。 現在は固定電話より携帯電話が普及している時代です。 このため、携帯電話の位置照会は必要だと考えます。


リンレジャーが好調です。愛知でマリンレジャー関連ビジネスを行なっている名古屋トヨペットでは、ボート、クルーザーの販売や、マリーナの契約が多いです。 船体は300万円程度の中古艇が多くを占めますが、中には6千万円を超える高級なものも出ています。

マリンレジャーというとバブルの時代というイメージです。 また、今でも一般庶民とは縁がない世界だと思います。 この話を聞くと、富裕層とのギャップが非常に大きいのではと感じました。


武さんのイタリアレストランに入店できなかった話は、乙武さん本人に問題があると感じました。 そのレストランはエレベータが設置されていない二階の店舗で、乙武さんは車椅子利用ということを伝えずに予約を取りました。 このため、当日入店することが出来なかったです。その後にTwitterで店の対応が悪いと店名を出してつぶやきました。

この件で、身体障害者を支持する人から店に対する非難が多くされました。 このことに対して私は、店側に問題は無いと考えます。 理想はすべての店がバリアフリー化されて、車椅子などでの入店が出来ることです。

しかし、コストなどの問題で、バリアフリーや障害者を受け入れる体制を整えることが出来ない店もあります。 また、事前に話をしていないと対応できない場合もあります。

乙武さんのブログでは、「以前から車椅子であることを言わずに予約をしていたが、特に問題はなかった」 と書かれています。 これは奇跡ではと感じました。 私は障害者でないですが、多くのレストランには段差があったり、スロープが完備されていないところが多いです。 更に健常者であれば見落としもあるので、多くの施設はバリアフリーでは無いと思います。

このため、予約時に車椅子には対応しているかどうかは問い合わせるべきだったと感じます。


書かれている記事