2013年5月1日

[解放軍]単語を置き換えるだけで差別語対策という考えは間違えです


http://youtu.be/-WZyxPoxrgY

ブロガーや動画投稿者はもちろんTwitterなどのSNSでの投稿でも「差別用語」「不快語」には気をつけるべきです。 この認識は最近ではされていますが、ただ置き換えれば良いと考えている人も多いです。 これだけで問題が解決すると感じている部分が現在の問題です。

『ジプシー』を『ロマ』に置き換えればOK?


差別語対策では、ジプシーという言葉は不適切なので、ロマに置き換えると良いと説明されています。 なら、文章中のジプシーをロマに置換すればOK? ではありません。
ジプシーによるすりには気をつけましょう
と告知があった場合、これを単に
ロマによるすりには気をつけましょう
と置き換えれば良いと解釈されそうです。 しかし、大きな問題があります。 もちろん、今では特別にジプシーという言葉を使う必要がなければ、ロマという言葉を使う必要があります。

しかし、この文章には、ロマがスリの常習犯的なかかれ方をしています。 この部分に問題があると指摘しています。 単に「スリには気をつけましょう」で良いと考えます。

口が軽い人は注意

コメディーを行う人はテンポよく会話を続けるために頭の回転が早い人が多いです。このため、多くの言葉が口から出てきます。 その中で他人を傷つける言い回しや単語が出てくる量は当然多くなります。 自分の演目で話す内容を今一度チェックするのが良いと考えます。

もちろん、差別語などの本は目を通す必要はあります。




あああ