2013年5月31日

[解放軍]映画『華麗なるギャツビー』はネタバレで見るのがいいかも? 理由はアメリカ人は常識の文学だから


http://youtu.be/qzsiRL-kLDg

『華麗なるギャツビー』(The Great Gatsby グレート・ギャツビー、グレイト・ギャツビー)が映画化されます。主演は『レオナルド・ディカプリオ』です。 日本では名前だけは知られていますが、内容は知られていません。 男性用化粧品のブランドとして『ギャツビー』があり、その印象から、「イケメンで若くて、ダンディー」などといった漠然としたイメージもあります。 私の考えとして、華麗なるギャツビーは小説を読んだ上で鑑賞するのが楽しいのではと考えます。


メリカ人にとって、偉大なるギャツビーは、学校の文学でも必修とされるほど、常識的に知っている話です。 今回の映画も、制作陣はもちろん見る側も、常識的に知っている話を映画化します。 ”知っている”という前提条件なので、ネタバレ状態で見ることになります。

もちろん、映画独自の要素はあると思いますが、下手に独自要素を付加すると、多くのアメリカ人を敵にまわすことになるので、無いと思われます。 映画のストーリーは原作に忠実であるだろうというのが私の考えです。

作を読んでから映画鑑賞? 『華麗なるギャツビー』はアメリカ人の心だと思われます。であれば、小説を読んで、話の内容を知っているアメリカ人の考えに近づいて楽しむとより面白いかもしれませんん。

はキンドルで早速注文しました。文学というと読んでいると眠たくなるイメージがありますが、この本は、完全に主人公ギャツビーの友人の視点で書かれているので、本に引き込まれていきます。 まるで、自分がギャツビーの友達になったような感覚で楽しむことができます。

売り券には「華麗なるプレミアムキーリング」がついてきます。非常に不思議な形で、ギャツビーのイニシャルも刻まれています。 詳しくは動画で







映画 華麗なるギャツビー
http://www.gatsbymovie.jp/



 書かれている記事