2013年5月6日

[解放軍]CPUを1ランク下げてでもマルチモニターを導入しましょう マルチモニターはあなたを救います


http://youtu.be/o3IOZM6CUkY

こんにちは、[解放軍]じへいの動画解放軍です。 今日はPC業務の快適化の提案です。特に会社経営者、リーダーは必見です。 社員、部下のPCはマルチモニタ化が必須です。

オフィスワークではパソコンが必須の時代です。 一人一台は当たり前です。 しかし、ほぼ全ての会社ではディスプレイの解像度が非常に低く、作業者にストレスを与えます。 また、ストレスを無くそうと、画面を紙に出力(ハードコピー)して机上で作業している人もいます。

このため、解像度の低いモニターは

  • 作業者にストレスを与える、パソコンを悪魔の道具だと
  • 間違え作業、後戻り作業、残業が増えて会社に打撃を与える
  • もちろん、顧客にも悪影響を与える
  • 紙の出力が増えて、環境に悪影響を与える

という悪循環を招きます。

そこで、世界を救う「マルチモニター」を導入する事をオススメします。 マルチモニターは

  • 快適な作業が出来る、デジタルの中でストレス無しにデータを比較、閲覧、作成出来る
  • 紙の出力は場合によっては最終成果物まで
  • 無駄な作業が減って、残業代、電気代、紙代などが削減出来る
  • 社員の環境が良くなって、モチベーションアップに繋がる

です。

CPUのグレードを下げてでもマルチモニタと高解像度モニタは導入して下さい。 また、次にパソコンを買い換えるときも、モニタはそのまま使えますので良いです。

マルチモニタ化の具体的な方法

  • デスクトップPC
     ビデオカードに映像出力端子が2つあれば、既にマルチモニタに対応しています。もう一台のディスプレイを接続して下さい。 その後、デスクトップ上の右クリックし、個人設定を選んで設定を行なって下さい。
  • ノートPC
     外部モニタ出力にディスプレイを接続するだけで実現可能です。 設定方法はデスクトップPCの説明を御覧ください。
  • 拡張出来ないPC
     USB端子の余りがあれば、USB接続型のグラフィックアダプタを取り付ければ拡張可能です。


この説明を読んでもよくわからないが、マルチモニタに興味がある人は、事務器店等のコンピュータのセットアップが可能な業者に依頼して下さい。




書かれている記事