2013年5月12日

Paranoid Park (2007) パラノイドパーク 映画感想 ★★☆☆☆

予告編では、スケートパーク(スケボー)で遊んだあとに、貨物列車に飛び乗って遊んでいるところを警備員に見つかり不可抗力で殺してしまう。 その秘密を隠し続けるという内容の映画です。
学校への警察の捜査が入り、スケボー仲間に対する周りからの冷たい視線を映画で表現されています。

最後まで未解決でモヤモヤした感じが残る映画ですが、映像や音楽などが美しいです。 サスペンスとかストーリーものとして楽しむのでなく、美しいビジュアルと雰囲気を楽しむ映画だと考えました。

星は映画としてのストーリーが無いので星2つです。 美しい映像を求めている人は必見です。






書かれている記事