2013年5月18日

[解放軍]YouTubeで本格的なライブYouTube live eventsは高音質ですが使いにくい 説明動画を作りました


http://youtu.be/XCLtrhNLIvM

YouTubeのライブシステムは、大手プロダクションなどが使う『YouTube live events』と一般のハングアウトオンエアの二種類でした。 ハングアウトの方は手軽に使えますが、音質や画質が悪かったです。 このため、音楽をライブ配信したい人には不満でした。 今回、まだ限定ではありますが、YouTubeのプロ向けの機能が開放されました。


プロ向けの機能は高画質、高音質ですが、操作が非常に煩雑です。送出には専用のプログラム(標準でWirecastが無料で使えます)が必要で、予めブラウザにスケジュールを行う必要があります。 ハングアウトではワンタッチでライブ送信が出来たのでこの部分は不便です。

プロ向けのライブシステム(YouTube live events)の利点は

  • 予めスケジュールを行い、配信用のURLを取得できる。
  • 高画質、高音質
です。 確かに不便ですが、しっかりと計画を立てれば問題は無いのではと思います。



YouTube live events音声テスト
http://youtu.be/D3SWKktYg60



YouTube live events試験ライブ 色々機能を試してみます。
http://youtu.be/X205L-Bi0Lg



初めてYouTubeでプロ仕様のライブを行なってみました
http://youtu.be/tJl-E37TMuc



YouTube Live events 1080p broadcast ライブでフルHD配信 Full-HD 1920x1080
http://youtu.be/TtuN7O4jH1M



書かれている記事