2013年6月4日

[解放軍]大げさな広告はボロが出る! お客さんが疑いから入るような付き合いはやめたいです


http://youtu.be/3-i4OjXbp8U

 福島原発の地下水が汚染されていることがわかりました。 以前の調査では問題ないという事でしたが、ミスでした。 ただ、これらは本当にミスなのでしょうか? このように外部の人が疑いから入るような状態になってしまうのは問題があると思います。


 私は先日、ドライブレコーダーを買いました。 箱の表面には「1280x720ピクセルで撮影可能」と書かれていました。 このため、買ってみましたが、裏面の仕様書を見ると「30万画素センサー」と書かれていました。 つまり640x480ピクセルの映像を引き伸ばして、1280x720pにしているという事です。 これを、「1280x720ピクセルで撮影している」とかいて良いのか? と感じました。

このようなことが多いのかと感じ、消費者庁のページを見ると、中小の会社に混じって、KDDIやユナイテッドアローズのような大手も警告を受けていることがわかりました。 これはまずいことだと感じました。

KDDI(AU)はiPhone5の販売で、LTEのカバー率が高く、自宅で光ファイバー並みの高速通信が出来る!

ユナイテッドアローズは商品タグの原産国表記を大量に間違える

など、ミスと考えたくないことが多いです。


販売者が顧客のことを考えて、商品をPRしてもらわないと、不正な表示や紛らわしい表示はなくなって行かないと思います。 ミスを認めて、事実はそのまま伝える必要があると感じます。


書かれている記事