2013年6月6日

[解放軍]電気ケトルで事故多発 私はちょっとした工夫で防ぐことが出来ると考えます


http://youtu.be/ihAcNal6Lzc

 新聞に、「電気ケトルで事故多発」と書かれていました。 何か製造に不具合でもあったのか? そうではなく、子供がコードに足を引っ掛けて、ケトルが倒れてやけどするなどの問題です。


気ケトルの普及前は、お湯をわかす場所は安全な場所でした。ガスコンロやIHコンロなどは安全な場所に設置されており、お湯を沸かす場所も必然的に安全でした。 電気ケトルの登場で、コンセントさえあればお湯を手軽に沸かすことが出来るようになったため、家中でお湯をわかすことができます。 このことにより便利になった一方、危険な要因も増えました。

全な場所に常設する。電気ケトルを使う場合は、コードなどを安全に設置した上で使用するのが私の考えです。 理想はキッチンに設置しておくことで、子供の手が届かずに、電源コードも綺麗にまとめて設置しておきます。

ーブルで使う場合は、予めテーブルまで配線を安全に引いておきます。 テーブル直下のカーペットに穴を開けたり、小さなカーペットを設置したりするするなどです。 これで、多くの安全を確保出来ます。 また、ホットプレートのコンセントも予めテーブルにセットしておけば、足を引っ掛ける問題もなくなります。

ィファールの対策。 ティファールの製品がよく使われているヨーロッパではお湯を沸かしたらすぐに使う習慣があるのでこのような問題は発生していないと言われています。 ただ、ティファールの製品のコードはベースユニットに直付されているので、足を引っ掛けたら倒れてしまいます。 このため、ベースユニットとコードは磁石式のコンセントにするべきかもしれません。

れてもお湯が出ない構造にするべきとも言われていますが、これは不便だと思います。 お湯を注ぐのにレバー操作などで重たい蓋をあけるのは大変だと思います。 お湯は危険です。そいうう物だと考えて運用で安全を確保するべきでは無いでしょうか?


書かれている記事