2013年6月20日

[解放軍]SNSの友だち申請が上司から! これを防止するためにFacebookページを作ろう


http://youtu.be/cgRqeyM3pUA

上司や仕事仲間からFacebookの友だち申請が来たことは無いでしょうか? 産能大の調べによると上司からの友だち申請は40%の人が嫌がるとのことでした。 FacebookなMixiなどの日本発のSNSと大きな違いがあります。 海外ではビジネスもプライベートも同じ人として付き合う習慣があります。 このため上司から友達申請が来ても特に問題ないとの対応です。


日本人の多くは上司からの友だち申請は嫌がります。 また、仕事とプライベートはきっちりと分ける傾向にあります。 友人が自分の仕事のことを話したがらないというのはこの理由のためです。

Facebookは強い実名主義です。 また、写真も個人を判別できるものである必要があります。 これを満たしていないとユーザが削除される可能性もあります。 このため、誰でも実名で調べて友だち申請を送ることが可能です。

Facebookを使うのだったら、海外の習慣に合わせろ? これは乱暴です。ならどうするか? あなたのアカウントを検索できないようにすれば良いです。 これで、相手は検索しようとしても検索できなくなります。

検索できないと探してもらえない? 当然ですが、本当に検索して貰いたい人から見つけてもらうことができません。 この場合に役立つのがFacebookページです。 Facebookページは個人アカウントとは別に作ることが出来る公開用アカウントです。

Facebookページに貴方のページを作っておき、良いねをしてくれた人の中に知り合いや友人、旧友がいたらこちらから登録をすれば良いです。 是非、Facebookページを活用して、過剰な友だち申請から自分自身を守ってみましょう。


Facebookページを作ってみる



書かれている記事