2013年8月7日

[解放軍]ブラウザには個人情報が残ります プライベートブラウズで安心を



最近のブラウザは色々な情報が記録されます。過去の検索、通販サイトなどのフォームの情報、見たページなどです。 非常に便利な機能ですが、問題もあります。それは、見られたくない情報を検索した場合です。


・エロコンテンツ
・転職サイトの利用
・隠したい病気の情報収集

です。 もちろん、本人が恥ずかしいという部分もありますが、家族に未成年者がいた場合に履歴に残ると見られてしまう問題もあります。


また他人のパソコンを使う場合も同じです

・漫画喫茶でAmazon通販を利用する
・友人のPCからあなたのアカウントにログインする

漫画喫茶では個人情報削除プログラムが入っていますがこれに頼りすぎるのも無防備すぎます。 友人宅でも同様です


そこで、大活躍するのが『インプライベートブラウズモード』です。 これを使うと、新しく開いたウィンドウで見た履歴はウィンドウを消せば完全に消えてしまいます。これを使えば後ろを気にするだけで色々なサイトを見ることができます。

・脱法ハーブ
・ポルノ、アダルト情報
・イモビカッター、マスターキーの入手
・腹腹時計、爆弾の作り方
・盗聴器の情報
・転職、就職
・探偵情報、興信所

もちろん、知識として・・・ わかっています。 だけど、短絡思考の人が多い世の中ではちらっと単語を見ただけで大騒ぎする人が多いです。


だから、インプライベートブラウズモードで安心です。 手順を復習すると

1.人に知られたくないことを観たい場合は
2.プライベートブラウズモードを起動して
3.楽しむ、調べる
4.そして、終わったらインプライベートブラウズモードのウィンドウを閉じる

です。

また、YouTuberなら、友人のログインをそのままに、インプライベートモードで貴方のアカウントで動画を投稿したりコメントすることが可能です。



続編

友人のスマホを借りて物を調べるときもプライベートモードが活用できます。今回はChromeアプリを使います。

1.Chromeを立ち上げる
2.三本線のボタンをタップ
3.新しいシークレとタブを開くをタップ
4.シークレットタブ上で閲覧する
5.そして、終わったらタブを閉じる

です。 これで、あなたも友人もハッピーです。

追記
Yahoo新着映像トピックスに掲載されました。 ちょっと嬉しいです。


書かれている記事