Amazon PopOver

2013年9月26日

[解放軍]流行に乗るということはどういうことか? 皆、自分を『アーリーマジョリティ』と思っている


http://youtu.be/UrrLn-dFOvQ

タイトルのアーリーマジョリティーという言葉を聞いて意味がわかった人には退屈な説明をします。 これは物事が流行するときのひとの分布です。

商品が発売されると、アーリーアダプターと呼ばれる人たちが買い出します。この人達は世間からは新しいものが好きと言われる人です。


そして、アーリーマジョリティと呼ばれる人が購入します、流行はしているがまだマスメディアには取り上げられていない流行の最先端を走っている人と呼ばれます。

次に、雑誌などのメディアに影響されて購入する レイトマジョリティ がいます

最後に、ラガード と呼ばれる、バーゲン品や流行遅れのものを買うグループで終わります。


これを見ると、

・アーリーアダプターは考えが軽すぎる
・レイトマジョリティはメディアに影響されて個性がない
・ラガードは時代遅れ

とネガティブな印象があります。 多くの人は自分は「アーリーマジョリティ」でありたいと考えているのではと思います。 流行の先端を走っているが、考えも軽すぎないという印象を周りに与えたいという考えです。


ただ、本当に貴方がアーリーマジョリティーであるかはわかりません

・雑誌をチェックして最新のものを入手している
 レイトマジョリティです

・市場に多くあり、堅いものを入手している
 ラガードです

・買うものはそれほど流行しない
 アーリーアダプターです

これで貴方の購買傾向がわかったと思います。



ちなみにこの図には切れ目が有りますが、これはキャズムと呼ばれます。 流行している商品が超えるべき谷間です。

テレビや雑誌、新聞などのマスメディアは、アーリーアダプターからアーリーマジョリティーに移行する部分をチェックします。このため、ビジネスとしての最新情報を知るには遅すぎるかもしれません。







書かれている記事