Amazon PopOver

2013年10月2日

[解放軍]自動車をAmazonで販売する可能性と利点[人生二番目に高額]


http://youtu.be/14fOaFumAdA

現在、クルマはディーラーやモータースと呼ばれる販売店で買います。 そこでは

  • 購入前の試乗
  • カタログの提供
  • 接客

など購入前に行われ

購入後には

  • サービス網の提供
  • メンテナンスのための部品提供

などが提供されます。 これらは直接お客さんに請求はされませんが、自動車メーカーとしては確実にコストとして支払っている部分です。


分かりにくい?

貴方がクルマを買った場合、それらの費用が上乗せされているということです。 冷やかし客のコーヒー代、接客コスト、カタログ、全国のサービス網などの整備などの費用は上乗せされています。


ここで、自動車の基本モデルを適切な価格でAmazonで購入できるプランがあると色々利点が出来ると思います。

まず、Amazon専用モデルの車両を作る、カタログは発行せずに全てオンラインで閲覧できるようにする。 購入前の試乗が必要であれば、有料で手配を行うようにする。

購入できるモデルのカスタマイズは出来ず、一種類のモデルのみを購入する

決済はAmazonで行い、身分証などのコピーを送付することで名義の設定などを行う。 引き渡しはどこかわからない場所から来た担当者によって行われる。

車検については自分で見つけてきた業者又は、専用窓口に電話する

修理やメンテナンスは色々なパッケージから選べる

・全国サポート、地方サポート、サポートなし

これによって、自分でメンテ出来る人は安くできる。
ディーラーのサポートも、地元だけで乗る人は安く利用でき、全国を飛び回る人は対価を払えば利用できる

など賢く安くクルマを利用できるようになると考えます。

筆記用具では100円で買えるボールペンから10万円を超える万年筆まで任意に選べます。 しかし、車の場合は100円の筆記具に相当するものがないのが現状です。 自動車も安価でシンプルなものが提供されるべきだと考えます。


書かれている記事