Amazon PopOver

2017年10月18日

誰も知らない椅子の真実 使い方に合わせて高さ調整していますか?


椅子の高さいつ変えましたか?実は椅子って使い方によって高さが違います。パソコン作業、読書、リラックスしてテレビを観ると一日の生活によって高さを変える必要があります。買った時だけ調整して、捨てるまで変えないのは勿体ないです。


自宅や事務所の椅子の高さっていつ変えましたか? 椅子を買ったときや会社なら初めて座ったときに調整するだけです。
私たちは椅子の高さを調整するのは最初だけで、後はそのままです。 でも、よく考えてみてください。どうして最初だけ調整する椅子に高価なガスシリンダーが使われているのか?

パソコン作業や食事、読書など最適な高さは異なります。

パソコンで作業をするときは、椅子は高めで、肘当てとデスクの面が同じになるように調整します。姿勢良く画面を見ることが出来るように調整します。 この場合、足は地面に付けると不安定な高さです。 私はキャスターが付いた台座の部分に足を置いています。

一方、読書をするには椅子を低めにして、足がべったりと床に付くように調整します。 これで安定して読書を行うことが出来ます。

パソコン作業の後に何か読む場合は、最適な高さが異なりますので、本来なら調整する必要があります。 でも、私たちはその調整を行っていませんでした。 だから、アーロンチェアなどの高価な椅子を買っても間違った調整なので快適ではありません。 そのアーロンチェアも高さ以外の調整はワンタッチではありません。逆に考えれば高さ調整がワンタッチになっている理由は分かるのではと思います。

激安のオフィスチェアも高さ調整を正しく行えば、全く調整されていないアーロンチェアより快適です。 そして、正しい調整を覚えたら後で憧れのアーロンチェアを買えば100%満足できる椅子としてつきあえるのではと考えます。


選挙が近いですね? ところで皆さん 選挙活動って投票日には行ってはいけないことを知っていますか? 「別に政治家では無いから関係ないだろう?」 違います。 選挙活動は全ての人が可能で有り、自分の好きな方々に対して投票するように個人的に働きかけることも選挙活動の一つです。 だから、選挙日当日に「○○に入れてよ!」という事は違法行為です。 ただ、単に選挙に行こうは問題ありませんがそれも誤解を受けるので止めた方が良いですね。 是非気を付けて下さい。


物を長く使う! 良い考えですが、物に裏切られることもあります。iPhoneなどのハイテク製品の場合は物の寿命より互換性などの寿命が来ます。ファッションアイテムでも『ポリウレタン』が使われた物は「加水分解」という現象でどんなに大切に使っても10年程度で傷んでしまいます。 悲しいですけど、ポリウレタン製の物は、数年で売却するか、壊れるまで使ってあげるかのどちらかしか無いです。

又は、高いですが木製や本革の物を買うことをお勧めします。

今日のカードは「過去への執着」です。そういえば昨日、過去の嫌なことが急にフラッシュバックしました。更に連鎖するように過去の恥ずかしいことも目の前に現れました。
もう、相手はこんなこと忘れているだろう? そんな事を思い出してしまいます。


過去への執着は箱に入れて、やりたいのであればリボンでもかけてしまってしまおうとの事です。 見つめるのは今だけであって、取り返しの付かない過去や、妄想だけの未来については考えるのは止めようとのことです。


デスク周りです。 占いカードをしまえば、作業のスペースは十分確保されます。 一ヶ月前に片付けした状態を維持できています。 長続きしない私でもこんな習慣を身につけたことは奇跡です。嬉しいです。


書かれている記事