Amazon PopOver

2019年1月25日

お金だけでは無い! 充電電池を使う利点

家庭で使っている電池を充電式に替えるとお金が得すると言われています。でも実はお金以外に減らせる物が多く有ります。それはゴミの分別の手間です。 ただ、その前に値段の利点を検証していきましょう。例えば単三のアルカリ電池4本が安い所で100円です。それを毎週1セット使った場合、一年に52セット、値段にして5200円です。


充電電池だと2500円で9年間も

電池だと年間5200円です。充電電池だと500回使えますので、500÷52で約9です。このため2500円で9年。電池で9年使ったら4万6千円なので相当の費用を浮かせることが出来ます。

コンセントに挿すだけで満タンになります

(学習用コメント:読者の集中力の為にブランド名などは見えなくすることをお勧めします)

子供の玩具が一番電池を使います

最近の電池式の装置は専用の充電式が多いです。しかし、子供の玩具は電池を使うものが多いです。 そして、子供はよく遊ぶので電池の消費量が半端ではありません。この時に充電式電池を使うと安上がりで家計も安心です。

(学習用コメント:フリー素材を使っています。今回は玩具は主題では無いので使っても問題ありません)


面倒くさい電池の処分が減ります。

電池の処分って意外に面倒くさく、一ヶ月に一回しか捨てられない地域や捨てる場所が遠い地域があります。充電式の電池に替えると、電池を捨てる回数も劇的に減るため普段の家事で悩むことが少なくなります。 少しでも決断が減れば生活が楽になるのでは無いでしょうか?



大量の電池を使っている人は、是非、充電式電池を使って見て下さい。家事が楽になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿